お急ぎください!ホームページの常時SSL化。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ホームページを見ている時「http://」で始まるURLと「https://」で始まるURLと、2種類あるのはご存知ですか?

Googleが、2018年7月にリリースするブラウザ「Chrome68」から、
まだhttp://から始まるURLのままであれば、「保護されていません」という警告を表示するという発表をしました。

 


自社のホームページが、まだ「http://」であれば、早く「https://」に変えましょう!

では、どうすればいいのでしょうか。

利用しているサーバーによっては、申し込みするだけで無料で簡単にホームページを常時SSL化してくれますので、自社でレンタルサーバーを契約して管理されているのであれば、レンタルサーバーに問い合わせると良いでしょう。(設定は超カンタンです!

ホームページ制作会社に管理をしてもらっているのであれば、「ホームページを常時SSL化したい」とご相談いただければ解決すると思います。

無事ホームページが常時SSL化できれば、以下の画像のようになるはずです。


 

常時SSL化がうまくいかないときは・・・

常時SSL化して、サイトがhttps://〜になったのに
「保護された通信」という文字も出なければ緑色にもならない、というご相談があります。
(以下のような状態)


左のアイコンをクリックすると、ちょっと不安になる文章が・・・

こういうときには、サイトに使われている画像を疑ってください。
私は、サイト内の「http://画像のURL」を「https://画像のURL」に書き換えると解決しました。

 


サイト内の「http://画像のURL」を「https://画像のURL」に書き換える

 

これを、以下のように書き換える!(sを書き足す)

 

 

 

すると・・・

無事、「保護された通信」という表記が出て、サイトのURLの冒頭部分も緑色になります!

お役に立てましたでしょうか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
   

コメントを残す


CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください